朝勝つ

成功者はみんな早起きらしい

入社まで毎日スタバでMacカタカタしてたい


筆者は1ブロガー、1アフィリエイターとして、
スタバでMacカタカタは生活の一部なんですけど、
これを毎日続けるとなると問題が出てきます。

  • お金がかかる
  • スタバでMacカタカタ=意識高い系というイメージに押しつぶされる

などなど。


筆者は先日日本に帰国して、
4月の入社まで無職のスタバ通いになりそうなので、
そこから生じうる問題を具体的に考えてみます。

3ヶ月間スタバ通いから生じる問題

まず、筆者のスタバ通い期間は今から4月の入社までの約3ヶ月間

もちろん毎日行くわけでもないので、
通スタバ日(=スタバに通う日)は合計70日とします。

金銭面での問題

筆者は「フラペチーノ」というおしゃれなフレーズを口に出せない

コーヒーがあまり好きではないので、

ミルクたっぷりスターバックスラテのトールサイズでメニューは固定されてます。

つまり、
通スタバ70日分の費用は単純計算で
スターバックスラテトールサイズ(400円)×70=28000円


しかし、
中にはお昼を外で食べてからまたスタバに帰ってくることもあるので、
その場合はさらに+400円。

そういう日が70日のうち30日はあるとして、
400円×30=12000円


さらに、たまに無性にスタバのチーズケーキを食べたくなるのでその日は+450円。

そういう日が70日のうち7日はあるとして、
450円×7=3150円


んで、合計して、
通スタバ70日分の費用は43150円

おまけ:元は取れるのか

問題として通スタバ70日で43150円かかることがわかりましたが、
果たしてその通スタバから生まれる収益で元は取れるのでしょうか。

簡単に計算してみます。


まず、筆者がスタバで何をしているかというと、
ブログ・サイトの記事作成・管理。

筆者の現時点(2018年12月)での生産性を時給換算すると、
収益4万円÷作業時間50時間=800円/時

通スタバ日にスタバで過ごす時間は平均して6時間
合計、6時間×70日=420時間


つまり、
通スタバ70日で生まれる収益は推定、
800円/時×420時間=336000円

336000円、通スタバ費用の43150円を優に超えてますね

まあ本当にこの収益が生まれるわけではないですけど、
筆者のスタバ通いにはこれだけの価値があると言えます。

精神面での問題

通スタバには金銭面での問題に加えて、
もう一つ大きな問題があります。

それは「スタバでMacカタカタ偏見問題」です


なぜか日本では、
「スタバでMac開いてカタカタしてる奴は意識高い系」という偏見があります。

その偏見の視線を感じながらスタバで作業していると、
精神的に持たなくなってしまう可能性が出てきますね。

おまけ:なぜそれでもスタバを選ぶのか

偏見の視線を感じるなら他のカフェ行けって話なんですよね。

ただ、スタバに行きたい理由もあります。

  • 1人で行きやすい
  • スタバにはカウンター席・大テーブル席が多く、1人でも抵抗なく入れます。
  • Wi-Fiが安定している
  • Wi-Fiすらないカフェが多い中、スタバはWi-Fiを無料で提供しており、かなり安定感があります。
  • 長居しやすい
  • 本当は好まれないことなのかもしれませんが、スタバは長居しやすいです。カウンターの端っこの席なら1日中居られる気がします。
  • 店内の温度調節がちょうどいい
  • これは筆者の最寄りのスタバに限った話なのかもしれませんが、店内の温度調節が絶妙です。
  • どこにでもある
  • 少し出かけることがあっても、スタバはどこにでもあるので気軽に入れます。

とか。

まあこの条件が揃っていればどこでもいいので、
なんかいいカフェあれば教えてください。


ではスタバでMacカタカタしてきます。