朝勝つ

成功者はみんな早起きらしい

【早起き49日目】YouTube見るなら読んだ方がいいかもしれない書評1〜5


おはようございます。
早起き49日目。

今朝は5時に起きて、
ランニングしてスッキリです。

昨日頭が痛かったのでいつもより早く寝たんですけど、
今朝は頭の痛さも消えていつも以上に調子がいいです。


さて、
今日は書評です。

YouTube見るよりは役に立ちそうな書評を5冊分していきます。
(※紹介している順番は読んだ順です。)

1. ★★★★☆
知らないと損する 経済とおかねの超基本1年生



内容・感想

前半は大学の一般教養で習う経済学の要約、
後半は前半の内容を実際の日本社会に当てはめて社会の仕組みを解説。

感想としてはとにかく、めちゃくちゃわかりやすかった。

私は経済学の知識が少しあったので前半は退屈だったが、
後半は「わかっていたようで、わかっていなかった社会の常識」を改めて解説してくれて、
「あ〜そっか」と納得する回数が多く、ためになった。

現代社会で生きていく上で必須な知識を凝縮した1冊。
大学生・新社会人は読んでおくといい。


2. ★★★★★
デービッド・アトキンソン 新・所得倍増論


内容・感想

20年以上日本に住み、日本の金融・観光業界に大きく携わってきている著者のデービッド・アトキンソンが、
ここ20年の日本の低迷している経済の1番の原因は高度経済成長期に日本社会・日本人に染み付いた慣習だと仮説を立てて、データを基に立証していく。

今まで日本人が見て見ぬ振りをしてきた真実を突きつけられる、日本人としては辛い1冊。

「そんなはずない!」と言いたくなる節も多いが、
この本には著者の持論はほとんど無く、どの主張もデータ分析に基づいているので否定のしようがない。

もちろん、ただ日本社会を否定するだけではなく、日本の潜在能力・将来の解決策も提案されており、ところどころイギリス人著者の日本愛が垣間見えた。

日本経済の”本当の”現状を知るのに最適な1冊。
今日紹介する中では1番オススメできる。


3. ★★★☆☆
仕事の「生産性」はドイツ人に学べ


内容・感想

前半はひたすらドイツ社会・ドイツ人の生き方を解説し、
後半にそこから何が学べるのかを解説。

ツイートにも書いてあるように、ドイツ社会・ドイツ人について知るには良い本。
確かにドイツ人と同じ生き方ができれば生産性は上がるとは思うが、
「ドイツ人がこういう生き方をしていて高い生産性を保っているから日本人もこうした方がいい」と言われても個人でできることには限度がある。

「どのようにドイツ人の生き方を学んでいくか」について具体的に提案して欲しかった。

ドイツ社会が気になる人、
これからドイツで働く人以外にはオススメできない。

タイトルを「ドイツ社会での生き方」に変えるべき。


4. ★★★☆☆
トヨタ 仕事の基本大全


内容・感想

トヨタの企業理念・文化・習慣を一気に解説。

トヨタの仕事術はトヨタ以外どんな企業でも参考になると著者は言っており、
確かに、役に立ちそうなことも多かったが、
私はこの本の内容全てに「社員の質・モチベーションが高い」という大前提が隠されていると感じた。

この本を生かせる企業・人は限られてくる。


5. ★★★★★
シリコンバレー式 最強の育て方 ―人材マネジメントの新しい常識 1 on1ミーティング―


内容・感想

企業のマネージャーが「1on1ミーティング」を通して、どのように部下と交流していくべきかという指南書。

1on1ミーティングに関することが1から100まで例とともに解説されており、実際にマネージャー職をしている人はかなり参考になる。

マネージャー職をしていない人でも、
この本の内容は人間関係全般に応用が効くので、人と関わる機会の多い人は読んでおきたい1冊。


最後に:オーディブルの勧め

とまあ偉そうに書評をしてきましたけど、
実は筆者、本を読むのが大の苦手なんです

しかし、
「じゃあ無理して5冊読んだの?」と訊かれると、
そういうわけでもありません。

どういうことかって?

本を聴いてるんですよ!

あんなに嫌いだった本が、
”読むのではなく聴く”ようにするだけでここまで好きになるとは思いませんでした。


本を読むのとの大きな違いは、
「ながら聴きできる」ことですね。

筆者は通学と移動時間だけを使って
今では週3冊のペースで本を”聴いてます”


もちろん聞ける本の数は限られている上に、
普通に本を買うよりも価格は高いですが、

普段は音楽を聴くだけ・動画を見るだけ・ボーッとするだけで潰れている徒歩・車・電車の移動時間を使って、
週3冊のペースで本を”聴ける”と考えると最高の自己投資です。

本は聴くもの

Amazonの「Audible」の無料体験、
試してみてはいかがでしょうか。

[PR]

昨日ぱいぱいち◯ち◯言ってた奴が急に普通の記事書いてて草女性(24)