朝勝つ

成功者はみんな早起きらしい

【早起き39日目】忙しい日は早起きしにくい - 解決策


おはようございます。
早起き39日目。

今朝は5時20分に起きて、
筋トレをしてぼーっとしてます。


今日は本当に早起きが辛かった

なぜなら、
今日は1日忙しいんですよね。

忙しい日は普段通りの早起きが難しいです。

忙しいと早起きしにくい

忙しい方が起きやすいと思うかもしれないが

確かに、
「忙しい、予定がある方が目的があってスッキリ起きやすい」
と思う人も多いと思います。

予定があればその使命感で、
起きやすいことは間違いないです。

しかし、
この記事で筆者が言っているのは、
「普段通りの早起きがしにくい」ということなので、
少し意味合いが違ってきます。

※予定というのは自分がやりたいことではなく、会社や学校などでやらないといけないことです。


例えば、
朝にミーティングがあって、家を8時に出る必要があるとします。

準備には1時間かかるので遅くとも7時に起きないといけません。

ここで、
7時に起きればその使命感から、
おそらくスッキリ起床できるのでしょう。

では同じ状況で、
5時に起きた場合はどうでしょうか

予定こそありますが、
7時に起きれば間に合うので、まだ2時間寝れます。

すると朝の偽りのあなたはこう思います
「今日は忙しいからできるだけ寝た方がいい」
「今日はせっかく早起きしてもミーティングのことで頭がいっぱいになっちゃう」
「どうせミーティングのプレッシャーで良い朝を送れない」
「となると、早起きする意味がない」

と、このようにミーティングという”予定”に支配されてしまいます

これが、
忙しい日は普段通りの早起きをしにくい理由です。

解決策

忙しい日も早起きするための解決策としては、
起きてすぐ体を起こすことで寝起きの偽りの自分にその日の計画を立てさせない
というのが一番有効ですけど、

忙しさのプレッシャーは非常に強いので、
そう簡単に朝の偽りの自分を倒すことはできません


そこで筆者が考える1番の解決策は、
「前日にその予定の準備を完璧にしておく」ことです。

ある程度準備するのは当たり前かもしれませんけど、
「不安が一つもなくなるまで準備する」人は少ないかと思います。
 
忙しい日の早起きがきつい原因はその”不安”なので、
不安さえなければだいぶラクです。


また逆に、
「前日の準備を中途半端にして、当日の朝何をやらないといけないのか具体的に決めておく」 というのも有効です。

不安が残っていても、
「朝早起きして準備をしないと予定に間に合わない」
という状況があれば嫌でも早起きせざるを得ません


この2つの解決策で強力なのは後者です。

なので筆者はいつも後者を選んでいますが、
この方法には「準備が予定に間に合わないかもしれない」というリスクがあります。

前日にしっかりやるべきことを整理して、
早起きしてやれば間に合うかどうか計算しておかないと、
大失敗してしまうので注意です。

最後に

忙しい日の早起きはきついです。

解決策を提案はしましたけど、
正直、まだこの忙しい日問題の完璧な回答は見つかってません

どなたかいいアイディアがあればコメントください。

ではまた明日。