朝勝つ

成功者はみんな早起きらしい

【早起き35日目】アメリカ住んでるけどハロウィンはマジでめんどくさい


おはようございます。
早起き35日目。

今朝は5時10分に起きて、
ミルク5:砂糖2:コーヒー3のミルクコーヒーで一服してます。

今日はなんかいつもと違う眠さなんですよね。
疲労がたまってるのかもしれません。


さて、
今日は今週のお題「ハロウィン」の話です。

筆者はアメリカに住んでるんですけど、
ハロウィンがあまり好きではありません

というのも、
めんどくさいんですよね。

アメリカ在住筆者「ハロウィンめんどくせえ」

ちょっと簡単に自己紹介

アメリカに住んでる、
というところに引っかかった人もいるかと思うので、
改めて簡単に自己紹介しておきます。

筆者はアメリカの大学に通う4年生です。

日本の高校を卒業して、アメリカの大学に進学しました。


まあアメリカでウェーイしてるイケイケの大学生だと思われても仕方ないとは思うんですけど、

注意してほしいのは、

  • アメリカの大学生(学部による)はめちゃくちゃ課題が多くてウェーイどころじゃない
  • 筆者はアメリカのことをよく知らないのにアメリカの大学に進学した
  • 筆者はアメリカに住んで3年半がたった今でもMLB以外のアメリカ文化には興味がない


こんな筆者にとっては、
ハロウィンはめんどくさいです。

ハロウィンのめんどくささ

1. コスプレの用意

まずコスプレ。
ハロウィンといえばコスプレ。

アメリカで大学生の集まるハロウィンパーティーに行くならコスプレは必須

これを準備するのが本当にめんどくさい

しかも
せっかく準備してもスベるリスクがあります。

あまりやりすぎず、みんなが認知してくれるコスプレ、
という絶妙なラインを選ばないといけません。

2. パーティでの付き合い

めんどくさいコスプレをして、パーティーに行ったとします。

ここでめんどくさいのが、お酒の付き合いです。

アメリカの大学生は基本的にバカなので、
みんなショットを数杯飲んで踊ってます。


別に筆者はお酒を飲むこと自体は嫌いじゃないんですけど、

アメリカの大学生は”酔うこと”にしか関心がなくて、
自分が飲んでるお酒が何かすらわかってないのでついていけません

3. ガキが押しかけてくる

筆者の家にはあまり来ませんが、
31日の夕方になると、ガキがハロウィンをいいことに人の家に不法侵入してきます

世界で一番嫌いな生き物が小学生のガキである筆者にとっては地獄です。

4. 予定がないと劣等感を感じざるを得ない

そんな嫌いなら何もしなければいいじゃん。

なんて思う人もいるかもしれません。

甘い

アメリカの大学ではハロウィンに予定のない奴は敗北者です。


日本でいうクリスマスと同じ感覚。

クリスマスに予定がないと、
気にしてないつもりでも、どこか劣等感を感じますよね。

それと同じです。

最後に

筆者も最初の2年は無理してコスプレしてパーティーに参加してたんですけど、

去年のハロウィンは、いい友達を見つけて、
その友達の家でコスプレもショットも無しでのんびりしてました。

今年もそうする予定です。


一応予定がないわけではないし、
コスプレもお酒の付き合いもしなくていいので、
筆者にとってはこれが完璧なハロウィンの過ごし方です。

しかし不安がある

実は筆者はもうこれがアメリカで過ごす最後のハロウィンなんですよね。

今4年生なので、来年のハロウィンはもう卒業して日本にいます。


やっとハロウィンのプレッシャーから解放される〜

なんて思っていた私がバカでした。

日本でもハロウィンは大きなイベントになっていると聞きます。

私がアメリカに来る前は、
渋谷以外ではハロウィン感は一切なかったんですけど、
今はどうなんでしょうか。

日本でもハロウィンの勢力は拡大しているのでしょうか。



は〜めんど。