朝勝つ

成功者はみんな早起きらしい

【早起き2日目】進撃の巨人の世界の調査兵にはなりたくない話


おはようございます。
早起き2日目。

5:20に目が覚めて、
今はストレッチを終えたところです。
今日は夕方にジムに行く予定があるので朝は控えめに。

さすがに2日目もまだ早起き余裕だと思ってたんですけど、
二度寝したいと思ってしまいました。

まあでも、起きましたよ。

さて、今日は進撃の巨人の話でもしましょうか。
※アニメのネタバレを含むので漫画を読んでいない人は読まない方がいいです。
※単行本を読んでいる人にもネタバレになる可能性があります。

進撃の巨人の話

進撃の巨人の大ファンの筆者。

純粋に楽しませてもらってるけど、
アニメや漫画を見ているといつも悩まされる。

簡単に説明すると、進撃の巨人では、
壁の中の人類は壁の外のことを何も知らずに、
壁の中が全てだと思って生きてる。

壁の外には巨人がいるだけだと思っていたのに、
調査兵団・外の世界からの協力者の活躍で、
壁の外にも人間が住んでいて、広大な世界が広がってることが明らかに。

現実世界と照らし合わせてみる

そんな進撃の巨人を読んでると、
「自分たちも同じなんじゃないか」
なんて思ったり思わなかったり。

スケールはだいぶ違うけど、
進撃の巨人の壁の世界が、
現実世界でいう地球だとしたら、

現実世界の人類は、進撃の巨人の壁の中の住民と同じなのかもしれない。

置き換えてみる

ちょっとわかりにくいから、
現実世界を進撃の巨人の世界に置き換えてみる。

壁の中の世界 = 地球
壁の中の住民 = 全人類
壁の外の世界 = 宇宙
壁の外の巨人 = 宇宙空間?
壁の外から来た人類 = 宇宙人?
調査兵団 = NASA
どうやって作られたのか分からない壁 = ピラミッド、ナスカの地上絵、etc


などなど、
色々置き換えてみるとおもしろい。

巨人を宇宙空間に置き換えるのは無理がある気もするけど、
人類の進行を阻むものと考えると、無酸素で重力のない宇宙空間は巨人に置き換えられる。

考察してみる

さて、そうなると、
エレンの父親のように、壁の外から来て住んでいるスパイのような存在がいるはず。
つまり、
人間の姿をして人間と同じを暮らしをしている宇宙人がいることになる。

それから、 ウォール教、レイス家側近の貴族のように、壁の真実を知る組織も存在するはず。
つまり、
宇宙がどうなっているのか知っている組織・団体がこの世界にも存在することになる。

そして、最悪なことに、
マーレ人が壁の中の人類の滅亡を望んでいるように、
地球の滅亡を望んでいる宇宙人が存在することになる。

となると、
壁を破壊した超大型巨人のように、
ある日突然地球に攻めてくる宇宙人がいるのかもしれない。

でも調査兵団には入りたくない

もしもしもしもし、
上で言ったことが真実だったとして、
あなたは何をするだろう。

進撃の巨人を見ている限りだと、
壁の外に突き進んで人類の謎を解き明かそうとしてる調査兵団が格好良く見えるけど、

現実世界で考えると、
そんな役には絶対に回りたくない。

お金と権力があればこの地球では自由な暮らしができるのに、
わざわざ宇宙を開拓したいなんて思わない。

たぶん、エレンから言うと、
筆者はただの家畜と同じなのかもしれない。

でもまあ、
地球で幸せに暮らせればそれで十分。

明日宇宙人が攻めてこないことを祈ります🤞